ケータリングとデリバリーの違いって?
東京のケータリングランキング!味からサービスまで徹底比較
  1. 【基礎知識】ケータリングとデリバリーの違いって?

ケータリングとデリバリーって何が違うの?

ケータリングとは?

ケータリングとは?

最近のケータリングのサービスは、デリバリーとは大きく異なります。

簡単に言うと、デリバリーは宅配ピザのように、紙やプラスチックの容器に入った食べ物を届けてくれるサービスです。依頼者が受け取った時点で、サービスは終了となります。

一方、ケータリングは、プランの内容にもよりますが、会場にスタッフが入り、食べ物のセッティングなどの準備をしてくれます。パーティーが始まってからもスタッフが現地に残り、皿やグラスの補充をし、終わってからはきちんと後片付けをして、出たごみも持って帰ってくれるのです。

業者によっては、紙皿やプラカップではない本物の食器を使ったり、希望のイメージに合わせて会場のデコレーションをしてくれたりするところもあるので、おもてなし感がアップします。

デリバリーとは?

デリバリーとは?

デリバリーは、料理を受け取った時点で、サービス終了となるので、現地にスタッフが残って給仕を手伝ってくれることはありません。

また、デリバリーは簡単なホームパーティーや、忙しいときの夕食代わりに気軽に利用することができますが、ケータリングはスタッフが現地でサービスを行ってくれるため、そのぶん料金が高くなりますし、注文できる最小の人数も10人からとか、20人からというように規模が多いのが特徴です。

ケータリングという言葉自体は、食べ物を希望した場所に届けてくれるという意味で使われることが多く、デリバリーとの差があまり感じられませんが、この言葉の違いをはっきり認識していない人も多く、業者自体も混同していることもあるので、サービスの内容は事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

オードブルとは?

オードブルとは?

ケータリングやデリバリーだけでなく、オードブルもあわせてごちゃまぜになっている方も結構います。

オードブルという言葉は、もともとはコース料理でスープの前に出てくる前菜を意味しますが、日本ではパーティーなどで提供される軽食の盛り合わせのことを指すことが多いようです。クリスマス近くなると、スーパーやデパ地下のお惣菜売り場で、オードブルと書かれた盛り合わせを見かけることがありますよね。

ケータリングのサービスでも、軽食の盛り合わせが用意されることがありますから、混同してしまったのかもしれません。

ケータリングやデリバリーはサービスの形式の呼び方であって、オードブルはパーティーで提供される料理のスタイルを指すと覚えておけばよいと思います。

PAGE TOP